RESTORE
レストア

レストアは工程・作業・人手どれを取っても外品パーツを利用する方がはるかに楽で、綺麗で、安価に仕上がりますが、当店のCOMPLETE車両の場合、どちらにするかは、オーナーのご意向次第です。滅多に2台目を買える物ではありません、しっかりと打合せ、ご検討・ご決断後、末長いお付き合いができますよう、お待ちしております。

車体
レストア=元の部品を出来る限り、再生・仕上る行程です。昨今色々なメーカーから外国製部品が出て、Z1/Z2が今では誰でも組め、フレームとエンジン以外全て外国製新品の車体がほとんどですが、本当にご満足でしょうか?確かに外品パーツは新品・綺麗・安い!中古の約40年前のパーツは手間が掛りコストも高くつきます。ですがやはり「Z1/Z2」は日本の名車です。
 当店でもメーカー欠品の物は外品パーツも使用しますが、長年使用し蓄積したデータと情報収集にて選りすぐった外品を使用し、肝心な個所は出来るだけ純正を使用するよう努めております。ユーザー様も雑誌だけの情報に流されず、大きな買い物ですし何処で買われるにせよ、面倒でも足を運び、商談の下、良い物を作っていきましょう。

エンジン
輸入したその車体で組めるかどうかはEgで決まります。まだ純正が出る部分が多いので純正品にこだわりましょう。なぜなら、やはり純正が一番です。組付けに関しても基本に忠実に丁寧に組むことを心がけ、Egの塗装も自社にて少しでもブラストメディアの混入を減らし、グラスビーズで塗装を剥がし、さらに特殊器材にて脱脂と、ブラストメディアの取除きを行い、一度乾燥後、塗装用のマスキングを施し、ワーク自体の温度を上げ7部艶焼付塗料にて塗装を施します。(ご希望の場合はGUNコート塗料使用)塗装完了後、焼付窯にて180℃て焼付を行います。全ての工程終了後マスキングを剥がしますと塗装完了です。(新車並ですよ!!)
ここからEgを組み付けです。是非一度ご自身の目でお確かめください。
また各車毎の一欄表にデーターを記入してお渡しします、ステップUP、または必ずある不具合も、後に修理し易くしております。

リビルト
各パーツを細かく仕上げる工程で、ほとんどが自社にて仕上げられるよう21年間で特殊工具類も取り揃えてきました。また加工外注先も、長年の付き合いと信頼関係で共に研究を重ねております。各パーツ類もにて詳細加工が見られますので是非各パーツのリビルトの状況をご覧いただき、リビルトと外品新品の違い、また手の込み方をご覧の上ご検討ください。

ペイントワーク
純正タンクを何個も剥がし、当時塗り方を追求し、現在大手Z系ショップの外装は、かなりの割合で当社で塗装しております。ラインステッカーも、線幅・角アール処理を純正当時物からCADデータにし、自社のカッティングマシーンにて出力しております。またZ独特の仕上げ磨きも(一番大変な作業ですが)ツルツルです。是非商品一覧のにて詳細までご覧ください。

フレームペイント
フレーム・スイングアーム・その他、鉄で出来ているパーツは基本的にブラスト後、保護の為にもパウダーコートします。
パウダーも老舗大手部品メーカーが利用している外注によりオートバイ部品のノウハウを共有させていただいております。(純正に近い自社による焼付塗装も別途可能です。)
アルミ部品、キャリパー等は焼付塗料で自社焼付窯により焼付塗装を施しておりますので、塗装も強くブレーキフルードやガソリン油脂などによる塗装負けがありません。また7部艶により純正に近く、プラモデルのようなピカピカ感の無い仕上げにこだわっております。

メッキ
老舗大手部品メーカー・某有名老舗ビンテージハーレ専門店が利用しているメッキ工場にて、再利用できるメッキパーツを厳選・各種類のメッキ毎に仕分けし、大物は古いメッキを取除いた後、傷消処理・バフ後、再メッキしております。
純正レストアにこだわる場合、ご了承願いたいのが、必ず錆の跡(点・エクボ)が出ます。それがご納得いただけない場合は外品パーツをご指定ください。
走行・稼働にはさし当たって影響は無い物ですので、純正にこだわらない綺麗な車体になります。しかし、純正レストアにこだわる場合必ず突き当たる問題です。要ご検討ください。

バフ
1、とにかく綺麗に見せたい場合、フル鏡面バフがお勧めです、他社も全て鏡面バフ仕上げです。
2、当店では別に純正にこだわり、鏡面バフを当てた後、さらにヘアライン加工をし、焼付けクリアー塗装を施し純正の新車に近いイメージで仕上げる仕様を設けております。
すべて鏡面バフですと購入時直ぐはピカピカ過ぎてプラモデルのようになり、購入後3カ月程で中途半端な手入れではくすみが目立ちます。そうするとフレーム外装は新車状態ですが光る部分が中古っぽくなりアンバランスになります。
新車当時からヘアライン加工・焼付クリア塗装というのには意味があるのです。この状態で仕上げると比較的落ち着いた大人のZ1/Z2となります。

マフラー製作
ベンダーの「手曲げ風」でなく、「本気で手曲げ」当店の手曲げ商品は本気で手曲げです。
この工程を見ると感激しますよ・・・
味・気合いが違います。たぶん手曲げで商品ラインナップしているショップは数少ないと思います。
職人が元気な間のみの限定生産になりますのでご注意ください。
オーダーメイドのワンオフマフラーも、鉄・ステン・チタンと幅広い材料の中から選択いただけ、製作いたします。お問い合わせください。


flexy ver.2.1 管理